デイリーウォーター by goo

暮らしと水

災害対策に「備蓄水」を。
防災アドバイザーが必要量の目安と保存方法を解説!

イメージ画像

日本では、集中豪雨・台風・地震・津波・火山など、どこに住んでいても災害に遭うリスクがあります。災害が発生するとライフラインが絶たれ、断水が発生して水が使えなくなることも。災害時に水で困らないためにも、普段から用意しておきたいのが備蓄水です。実際、どれくらいの水を備蓄しておけばよいのでしょうか。本記事では、備蓄水の目安量や保存方法などを解説します。

備蓄水とは?

災害が発生してライフラインが絶たれ水道が使えなくなると、生活用水や飲み水の確保が難くなります。

備蓄水とは、このような状況になったときに備えて用意しておく水のことです。
長期保存できるように作られた「保存水」と呼ばれる水を備蓄水に使用するケースが多くあります。

災害時に備えて食料や飲料などを備えている家庭は多いでしょうが、備蓄品の中でも特に重要度が高いのは水です。

備蓄水が重要な2つの理由

人間の体の約60%を構成するのが水です。水は血液中の水分を各臓器に運び、腎臓では体内に蓄積した老廃物を尿として体外に排出させます。呼吸や発汗にも水は使用されています。体内の水分を20%失うと命の危険があるといわれているため、一定期間以上、水分補給ができないと命を落とす恐れもあるのです。

特に気温が高い時期は、汗をたくさんかいて水分がすぐに失われがちです。災害で命が助かっても、水の確保ができずに命にかかわる場合もあります。

災害が発生しても、コンビニやスーパーが開いていれば水を購入できることもあります。しかし、災害時の買い占め報道などを見てもわかるように、災害発生直後は多くの人がパニック状態になります。長蛇の列に並んだのに水が買えないような状況にもなりかねません。

そうならないためにも、備蓄水を用意しておくことは大切です。災害などによりしばらくのあいだ水が手に入らなくなっても、備蓄水があればただちに命の危険にさらされることはありません。

備蓄水は自分で保存水を購入して自宅に置いておく方法のほか、ウォーターサーバー用のボトルを利用する方法もあります。「重たい水を運ぶのが大変」、「備蓄水の管理が面倒」という方には、定期的に水を配送してくれるウォーターサーバーのサービスを活用するのがおすすめです。

主な備蓄水と一般的な飲料水の違い

備蓄水に使用される水は、主に保存水が使用されます。保存水は消費期限が長いのが特徴で、3年から10年まで飲めるタイプもあります。保存水といっても水に防腐剤などが使用されているわけではなく、ペットボトルの水と中身は変わりません。

保存容器・殺菌処理の違い

ペットボトルの水の消費期限が短いのは、ペットボトルに小さな穴が開いていて水が蒸発することや空気に触れることで味が変わってしまうためです。

保存水もペットボトルの容器に入っていますが、通常のペットボトルの水に比べると穴が少なく、ペットボトルそのものも厚く加工されています。

また、保存水の水は熱処理を多く施し、徹底的に殺菌して雑菌が繁殖しにくい状態をキープしています。

必ずしも「備蓄水=保存水」ではないが……

保存水もペットボトルの水も同じ水なので、どちらも備蓄水として使用することができます。「備蓄水=保存水」と混同している方もいますが、備蓄水に使用するのが保存水でなければならないことはありません。

ただし、備蓄水はいつ起こるかわからない災害に備えるための水なので、長期保管ができる保存水のほうが向いています。
また、備蓄水と販売されている水は保存水が使用されているケースが多いです。

備蓄水の保存方法

備蓄水を保存する方法は、使用する水によって変わってきます。

ペットボトルの水を備蓄水として使う場合

ペットボトルの水を備蓄水として使用する場合、ペットボトルに記載されている消費期限を目安に保管方法を決めていきます。1年から2年ほどの消費期限なら、「ローリングストック」と呼ばれる備蓄方法で水を消費していくのがおすすめです。

ローリングストックとは、日ごろから自宅で利用している食品や飲料、生活品を少し多めに備え、生活の中で消費・補充していく方法です。
ペットボトルの水をローリングストックするなら、普段の生活の中でもペットボトルの水を消費し、使った分だけペットボトルを補充していく流れになります。消費期限が早い水から消費していくのがポイントです。

水道水を備蓄水に使用する場合

水道水をポリタンクやペットボトルに入れて備蓄水にする方法もあります。
ただし、水道水にはさまざまな不純物が含まれていることや真空状態が作りにくいことから、保管できる期間は3日ほどです。防災を目的とした備蓄水には不向きだといえます。

保存水

保存水は消費期限が長いので、ローリングストックをせずに備蓄水として利用できます。ただし、5年や10年の月日はあっという間に流れ、その間に災害が起こるとも限りません。
保存水だからと気にせずに長期間放置していると、災害が発生したときに消費期限が切れてしまっていることもあるので注意してください。1年ごとに消費期限をチェックして、古くなった水があればローリングストックで対応しましょう。

ウォーターサーバーの水

ウォーターサーバーは定期的に水を宅配してくれるので、自動的にローリングストックの状態が作れます。以下でご紹介するように、備蓄用の水はそれなりの量が必要なため、運ぶのに一苦労するほどの重さになります。
ウォーターサーバーを導入すれば、自分で水を買いに行く必要もなく消費期限の管理も不要なので、防災用の備蓄水としても最適です。

備蓄水はどれくらい必要?

必要な備蓄水の量は家族構成によって変わります。3つの世帯を例に備蓄水の量の目安を見ていきましょう。

単身世帯

・備蓄水の目安:1日1人あたり3リットルを3~7日分

最低でも9リットル、可能なら21リットルほどの備蓄水があれば安心です。ウォーターサーバーの天然ボトルの水をそのまま備蓄水としても使うこともできます。

父母2人、小学生1人、幼児2人の4人暮らし

・備蓄水の目安:1日1人あたり3リットルを3~7日分

幼児がいる家庭は、ミルクや水分を十分に取らせるためにも備蓄水は必ず用意しておきたいものです。36リットル以上の備蓄水を確保しておきましょう。
幼児を連れて水を買いに行くのは大変ですが、ウォーターサーバーを利用すると、重たいペットボトルの水を買いに行く必要はなくなります。
幼児が飲む水としては、軟水のミネラルウォーターがおすすめです。硬水は幼児の体への負担が大きいので控えましょう。

祖父母2人、父母2人、小学生2人の6人暮らし

・備蓄水の目安:1日1人あたり3リットルを3~7日分

家族数が多くなると備蓄水の量も増えますが、それでも1日1人あたり3リットルの水を3日分は人数分用意しておきましょう。保存水とウォーターサーバーのボトルを併用するなど、複数の方法で備蓄水を用意するのもおすすめです。

備蓄水でもしものときに備えよう

災害時に水で困らないためにも備蓄水を用意して備えましょう。用意する水の量は1日1人3リットルを3日から7日分と覚えておいてください。備蓄水は保存水やペットボトルの水を使用するのもよいですが、自動的にローリングストックができるウォーターサーバーが便利です。重たい水の持ち運びがなく、細かな管理も必要ありません。備蓄水で備えるならウォーターサーバーをおすすめします。

執筆者プロフィール

イメージ画像

田頭 孝志(防災アドバイザー)
愛媛の気象予報士・防災士。情報メディアや子どもを持つ保護者向けの防災記事、コラムの連載・特集記事の執筆、BS釣り番組でお天気コーナーを担当したほか、自治体、教育機関、企業向けに気象・防災関連の講演を多数、教育機関の防災マニュアルの作成に参画。
ご契約確認・解約お手続きはこちらへ カスタマーセンター
電話番号

0120-500-625

営業時間10時~18時(年末年始を除く)

メールアドレス

info-water@nttr.co.jp