デイリーウォーター by goo

暮らしと水

ウォーターサーバーにかかる料金は?
月額コストの目安を世帯別に紹介

イメージ画像

安心・安全な飲料水を手軽に摂取できるようになるウォーターサーバーですが、導入を検討する際、特に気になるのはやはり料金のことではないでしょうか?
毎月支払う料金や電気代のほか、導入時の初期費用はどのくらいかかるか、解約時にお金はかかるのかなど、さまざまなコストについて事前に知っておきたいですよね。本記事では「ウォーターサーバーを導入すると、どのくらいの金額がトータルでかかるのか?」を世帯別の具体例なども交えながら、わかりやすく解説します。

ウォーターサーバーにできること

主に「安心・安全でおいしい水をいつでも手軽に飲むことができる」「重い飲料水をスーパーなどから持ち運ばなくてもよくなる」「冷水とお湯がすぐに出せる」という3点がウォーターサーバーの大きなメリットです。

安心・安全でおいしい水を手軽に飲める

少ない安心で安全な水です。ウォーターサーバーが自宅やオフィスにあれば、質のよい水がいつでも手軽に使用できます。

水道水は、もちろん飲むことはできるものの、塩素消毒を行っているため気になる方もいるでしょう。

一方、ウォーターサーバーの水は源泉に近い場所から汲み上げ、最低限の殺菌処理のみを行った天然水や、「RO膜」という特殊なフィルターを通して不純物を取り除いたRO水などを使用しています。
特に天然水の場合は、安心・安全なだけでなく、風味が豊かでおいしい水であるのも特徴です。

飲料水を自分で運ぶ必要がなくなる

ミネラルウォーターなどの飲料水をスーパーやコンビニなどの実店舗で購入する場合、例えば、2リットルのペットボトルなら約2kgもの重さになり、運ぶのが大変です。
日常の飲料水をすべて実店舗で購入している方は特に、毎回運搬を行うのは非常に重労働となります。

ウォーターサーバーがあれば、飲料水を定期的に自宅まで運んできてくれるため、買い物に行くたびに重い水を購入して運ぶ作業が不要になるのは大きなメリットです。

冷水とお湯がすぐに出せる

スーパーなどで購入した飲料水をコーヒーや紅茶、スープなどに使用したい場合は、都度お湯を沸かさなくてはいけません。
ウォーターサーバーには保冷・保温機能があるため、冷たい水やお湯が必要な場合も、素早く使用することができます。

ウォーターサーバーは日々の生活を便利に、豊かにしてくれるツールになることでしょう。

ウォーターサーバーにはどんなコストがある?

ウォーターサーバーを導入して、実際に使用するのにかかるコストには、さまざまな種類があります。

初期費用(イニシャルコスト)

最初にかかるのは、導入に伴う事務手数料や設置費用です。
ウォーターサーバー本体は購入する場合とレンタルする場合がありますが、購入の場合はサーバーの購入代金も初期費用に含まれます。

事務手数料は3,000~5,000円程度、設置の費用がかかる場合は5,000円程度、サーバー購入料はメーカーやサーバーの種類によって異なりますが、20,000円前後の場合が多いです。

月額費用(ランニングコスト)

次にかかるのが使用期間中に支払うことになる月額費用です。
月額費用としては、飲料水が入ったボトルの代金や、サーバーをレンタルしている場合はサーバーのレンタル代、メーカーやサービス内容によってはサポート代が毎月発生することもあります。

また、ウォーターサーバーは水の保温と保冷を行うため、電気を消費します。それに伴う電気代が月に1,000円前後かかると考えられます。

なお、水道直結型のサーバーの場合、水のボトルは購入しませんが、サーバーのレンタル代(購入の場合は不要)や使用した分の水道料金、場合によってはサポート代などが発生します。

そのほかの費用

そのほかにかかる諸経費としては、契約期間満了前に解約した場合にかかってしまう解除料金やサーバーの回収料金、サーバーのメンテナンスや修理代金などがあります。
これらの代金はメーカーによっては支払いが必要ない場合もありますし、金額もケースバイケースです。
そのため一概には言えませんが、解約後に支払う料金が発生することもある点は事前に押さえておいたほうが良いでしょう。

世帯別 ウォーターサーバーの月額費用の目安

では、ウォーターサーバーの月額費用(ランニングコスト)の目安は一体どれくらいなのでしょうか?
ここでは世帯のケース別に、おおよその目安をご紹介します。

一人暮らしの場合

例えば、一人暮らしで1日にコップ2杯分の水を飲む場合、月の水の摂取量はおよそ12リットルとなります。料理でもウォーターサーバーの水を使用するなら、大体ひと月で20リットル程度を見ておくと良いでしょう。

メーカーにもよりますが、水の料金は12リットルで1,500~2,000円程度、20リットルだと3,000円前後となります。ここに月の電気代が500~1,000円程度かかるため、一人暮らしの場合、月額費用は2,000~4,000円程度が目安になります。

2人暮らしの場合

2人暮らしの場合、一人あたりの月間の水の摂取量をおよそ12リットルに換算すると、2人で24リットルとなります。

水の料金は3,000~4,000円程度、電気代は1,000円前後となりますので、2人暮らしの場合は、月々4,000~5,000円程度が目安です。

炊事にも使用するということであれば、10~20リットルほど水の使用量が増えるため、金額はプラス2,000~4,000円ほど見ておくと良いでしょう。

3人暮らし(赤ちゃんと大人2人)の場合

3人なので「12リットル×3人分=36リットル」という概算もできますが、実を言うと赤ちゃんがいる場合は、もう少しかかるということが多いです。

赤ちゃん用のミルクに使用したり、母乳の質をよくするためにママの料理に気を使ってウォーターサーバーの水で調理したりするというご家庭も多く、およそ50リットル以上の水を使用する場合も少なくありません。

そうなると水の料金は8,000~9,000円程度、電気代は1,000円前後となりますので、月々10,000円前後になることが多いです。

5人暮らし(子ども1人と大人4人)の場合

夫婦と一方の両親、子どもの家族三世代で使用する場合、月間の水の摂取量を一人あたり12リットル換算でいくと、トータルで60リットル程度となります。

この場合は水の料金が9,000~12,000円前後、電気代が1,000円前後となり、ひと月で10,000~13,000円程度のランニングコストが発生することになります。

また、三世代で使用する場合、祖父母世帯と夫婦・子ども世帯とで食事をする部屋や長く過ごす部屋が違うため、サーバーを2つ契約するケースも考えられます。そうなると電気代に加えて、サーバーをレンタルする場合はレンタル料も2倍になりますので、留意するようにしましょう。

ウォーターサーバーは生活に必要なツールのひとつ!

「ウォーターサーバーは贅沢品だし、自分には縁がないかも」と思っていらっしゃる方もまだまだ多いですが、実を言うとそんなことはありません。世情も相まって普及率がどんどんと伸びてきていて、昨今では生活ツールの一つになっています。
実際にウォーターサーバーのある生活をしてみると、その便利さと快適さで生活の満足度がアップすること間違いなしです。皆さんもこの記事を読んで、ウォーターサーバーのコストについての知識をつけて、導入を検討してみませんか?

執筆者プロフィール

イメージ画像

たろっさ(家電販売士 兼 家電ライター)
家電量販店、家電情報ブログ「家電損をしない買い方をプロの販売員が教えます」を運営するプロの現役家電販売員。学生時代から家電に対する並々ならぬ興味を持ち、アルバイトを経てそのまま家電量販店の道へと進んで15年弱。個人で年間2億円を売り上げ、数々の法人内コンテスト等で表彰された経験を持つ。家電アドバイザーの資格を有し、家電と名の付く物全てに精通し、家電で分からないことはない。現在は家電ライターの業務も通して「全ての人が平等に良い家電に巡り会える機会の提供」に尽力。
ブログURL:https://taromomo.com/
ご契約確認・解約お手続きはこちらへ カスタマーセンター
電話番号

0120-500-625

営業時間10時~18時(年末年始を除く)

メールアドレス

info-water@nttr.co.jp