デイリーウォーター by goo

暮らしと水

ウォーターサーバーと浄水器、どちらを導入する?
特徴や料金を比較!

イメージ画像

ウォーターサーバーのレンタルを検討する際によく比較として挙げられるのが、買い切りタイプの浄水器です。本記事では、特徴や費用の観点からウォーターサーバーと浄水器を総合的に比較しました。

ウォーターサーバーと浄水器の特徴を比較

まずはウォーターサーバーと浄水器の特徴を見てみましょう。

水の種類

ウォーターサーバーのメリットは、メーカー独自の水を使用している点です(水道直結型は除く)。ウォーターサーバーの水の主な種類は、天然水とRO水です。特に天然水は、源泉から汲み上げて最低限の殺菌処理のみで出荷されるため、水の質や鮮度が良いことが利点になっています。

浄水器は水道の水をろ過する仕組みです。元が水道水のため、水においしさを求める方であれば、天然水などと比べると風味が落ちてしまうという点が気になるかもしれません。

維持(メンテナンス)の手間

ウォーターサーバーは、専門業者による定期的なメンテナンスがあったり、そもそも自動メンテナンス機能があったりして、サーバー内部のメンテナンスが不要なこともあります。自動メンテナンス機能には、例えば、お湯を循環させて殺菌を行う、サーバー内の空気をフィルターに通すなどの機能があります。ただし、水の注ぎ口やボトルの差し込み口などのサーバー外部は、清潔に保つため簡単な手入れが定期的に必要です。

一方の浄水器は、定期的にカートリッジやフィルターなどを自分で交換しなければいけません。交換が必要になった際には部品を購入し、取り替え作業が必要です。

機能

浄水器は、浄水機能以外は基本ありません。

ウォーターサーバーの機能には、すぐにお湯と冷たい水をすぐに出せる温水・冷水機能や、子どもによる誤操作を防止するチャイルドロック、電気代を節約するエコモードなどがあります。

機能比較図

ウォーターサーバーと浄水器のコストを比較

浄水器に比べて、ウォーターサーバーは「契約期間中、トータルでいくらかかるのか」が分わかりづらいと感じる方も多いでしょう。また、契約期間内に解約すると手数料が発生する場合もあります。水の購入ノルマがあるか、サーバーのレンタル料やメンテナンスコストが別途かかるかという点も含めて、事前によく確認しましょう。

それでは、ウォーターサーバーと浄水器はトータルでどの程度のコストがかかるのか見ていきます。

導入コスト

まずは、導入時にかかる費用(イニシャルコスト)を比較します。

ウォーターサーバー

ウォーターサーバーの場合、導入コストには、
・設置費用や事務手数料などの契約金
・購入タイプのサーバーの場合は購入代金
などがあります。

設置費用や事務手数料に関しては各メーカーまちまちですが、平均するとおおよそ3千円から1万円程度の場合が多いです。最近ではキャンペーンなどで無料としているメーカーも多くなってきています。

サーバー自体は高額なものですが、レンタルできるメーカーが大多数です。レンタルの場合、サーバーの費用は一切かからないことや、月々数百円~千円台で借りられることがほとんどです。
ただし、一部のメーカーでは購入が必要な場合もあります。サーバーの購入代はおおよそ1万5千円から3万円程度と高額になる場合が多いですが、一定期間以上の契約でサーバーを無償で提供するサービスを用意しているメーカーもあります。

浄水器

浄水器の導入コストには、
・浄水器本体の購入費用
・工事が必要な場合は工事費用
などがあります。

浄水器の場合は、家電量販店などからの購入が一般的です。本体の価格は性能によって差があり、3千円程度のものもあれば、10万円を超えるものもあります。

ビルトインの浄水器や分岐水栓が必要なポットタイプの浄水器などは、本体の購入代に加えて、設置のための工事費用が発生する場合があります。工事費用自体は2万円前後で済む場合が多いですが、契約してすぐ使えるウォーターサーバーと違って工事の日を調整する必要があったり、工事後でないと浄水器が使用できなかったりします。

初期導入コストに関しては、ウォーターサーバーのほうが安く抑えられることが多いと言えます。

1ヵ月にかかるコスト

続いて、1ヵ月ごとにかかるランニングコストを比較します。

ウォーターサーバー

ウォーターサーバーの月ごとにかかるコストには、
・サーバーレンタル代金
・配送料
・水代金
・電気代
などがあります。

サーバーの購入をする場合レンタル代金はかかりませんが、ほとんどのウォーターサーバーはレンタルなので、月々のレンタル代金は事前に把握しておくことをおすすめします。
配送料は、都内であれば無料の場合がほとんどですが、北海道や沖縄、離島などでは千円以上かかることもありますので、お住いの地域の配送料を契約前に確認しておきましょう。

月々支払う水の代金は、使用量によって変動します。一例として、10Lのボトルの場合、天然水だと1,500円前後、RO水だと1,200円前後かかると考えておきましょう。

ウォーターサーバーは常に水の冷却と保温を行っています。中にはヒーターとクーラーの温度を調整して水の温度を保つエコモードが付いているものもあります。月々の電気代は、500~1,000円程度です。

浄水器

浄水器の月ごとにかかるコストには、
・電気代
・水道料金
などがあります。

水道水を利用するため、使用した分の水道料金はかかりますが、水の購入にかかわる代金は発生しません。また、コンセントを利用するポット型の浄水器などでは電気代が発生しますが、ほとんどのものが月額100円以下です。電気料金への負担はほぼないと思っても問題ないでしょう。

ランニングコストに関しては、浄水器のほうが安い傾向があると言えます。

メンテナンスにかかるコスト

続いて、ウォーターサーバーと浄水器のメンテナンスにかかるコストについて見ていきましょう。

ウォーターサーバー

ウォーターサーバーの場合、メンテナンスによってコストが発生することは少ないですが、
・訪問作業料(専門業者によるメンテナンスの場合)
・サーバーの交換費用(サーバーを交換する必要がある場合)
などが発生することがあります。

業者にメンテナンスしてもらう必要がある場合はお金がかかることもありますが、月々のサポート料金を支払っている場合は無料であることが多いです。

本体自体を交換する必要がある場合は、メーカーなどによって異なりますが、契約年数に応じて金額が変わるケースが多いです。相場は、1年未満であれば2万円前後、3年以上であれば5千円前後です。

浄水器

浄水器のメンテナンス費用には、
・定期的なカートリッジやフィルターの交換費用
・本体の買い換え費用
などがあります。

基本的に浄水器は、カートリッジやフィルターなどの交換をすべて自分で行わないといけません。多くの浄水器はカートリッジを差し替えたりするだけで問題なく使用できますが、ビルトインの浄水器であれば、そもそもそのカートリッジが大きくて、交換が難しい場合も。なお、フィルターやカートリッジ自体が高額で、1万円を超えることもあります。

また、使い捨て前提に作られている浄水器も存在します。蛇口に直結するようなタイプに多く、定期的に新品と交換しなければいけないため、そのたびに本体代金と付替作業がつきまとうという点はおさえておいたほうが良いでしょう。

メンテナンスコストの安さについては、ウォーターサーバーに軍配が上がります。

トータルのコスト

ウォーターサーバーは、導入コストやメンテナンスコストが浄水器よりも安い場合が多いものの月々のコストが浄水器に比べて高いため、トータルで見れば浄水器のほうが費用を安く抑えられると言えます。

温水冷水機能などを使いたい、おいしい水を飲みたいなどであればウォーターサーバー、コストを抑えて普段の水道水を少しだけグレードアップしたいのであれば浄水器、と考えてもよいでしょう。

ライフスタイルに合わせて安心・安全な水を利用しましょう!

ウォーターサーバーを設置することにより、飲用や料理などでより安全でおいしい水を使用できるようになるため、生活の満足度も上がります。飲用がそれほど多くなくて、水道水の不純物を取り除きたい方は、浄水器を検討してみても良いです。ご家庭のライフスタイルや用途にあった製品を選びましょう。

執筆者プロフィール

イメージ画像

たろっさ(家電販売士 兼 家電ライター)
家電量販店、家電情報ブログ「家電損をしない買い方をプロの販売員が教えます」を運営するプロの現役家電販売員。学生時代から家電に対する並々ならぬ興味を持ち、アルバイトを経てそのまま家電量販店の道へと進んで15年弱。個人で年間2億円を売り上げ、数々の法人内コンテスト等で表彰された経験を持つ。家電アドバイザーの資格を有し、家電と名の付く物全てに精通し、家電で分からないことはない。現在は家電ライターの業務も通して「全ての人が平等に良い家電に巡り会える機会の提供」に尽力。
ブログURL:https://taromomo.com/
ご契約確認・解約お手続きはこちらへ カスタマーセンター
電話番号

0120-500-625

営業時間10時~18時(年末年始を除く)

メールアドレス

info-water@nttr.co.jp