デイリーウォーター by goo

暮らしと水

【医師監修】二日酔いの治し方を紹介!
吐き気や頭痛を早めに治すには?

イメージ画像

吐き気にめまい、頭痛……。仕事も家事も手につかなくなるようなつらい二日酔いの症状に、昨夜飲み過ぎてしまったことを後悔している人もいるかもしれません。その症状、できることなら一刻も早く治したいですよね。
そこで今回は、二日酔いを早く治すための対処法を吐き気、頭痛などの症状別にご紹介します。二日酔いになりにくい飲み方のコツもあわせてご紹介するので、ぜひお酒と上手く付き合うためのヒントにしてください!

二日酔いの原因とよくある症状

多くの成人が経験したことがあるであろう、二日酔い。その原因はご存知のとおり、アルコールの摂り過ぎです。

本来、アルコールは体内に入るとその20%が胃で、80%が小腸で吸収されます。それぞれの粘膜から血液中に吸収され、肝臓に辿りつくと酵素の働きで二酸化炭素と水へと分解されます。その分解過程で生じる「アセトアルデヒド」という有害物質が、二日酔いの原因の一つと考えられています。

お酒を過剰に飲むと、アセトアルデヒドを肝臓で十分に処理できず、血液中のアセトアルデヒド濃度が高くなってしまいます。その結果、めまいや頭痛、吐き気、気持ち悪さ、だるさなどの二日酔いの症状へとつながるという説があります。
また、そのほかにも、アルコールに対する軽度な離脱症状、脱水、電解質バランスの異常、胃や腸へのダメージ、ホルモン分泌の変化などが二日酔いを引き起こすとの説もあります。

症状別 二日酔いの治し方

二日酔いの明確な発症メカニズムは分かっていませんが、一刻も早く治したいのはこのつらい症状。一般的には水分を多く補給する、薬やサプリメントを活用する、安静に過ごすなどの治し方が挙げられます。
症状によっておすすめの対処方法は変わってきますので、それぞれ詳しくみていきましょう。

頭痛の治し方

生活に支障が出るくらい頭痛がつらい場合は、頭痛薬や鎮痛剤を使用するとよいでしょう。ドラッグストアで買える市販薬の代表的なものには「セデス」「ノーシン」などがあります。

鎮痛剤のなかには、「非ステロイド性抗炎鎮痛剤(NSAIDs)」という胃痛を悪化させる副作用がある薬もあります。二日酔いのときは胃の粘膜がアルコールでダメージを受けて荒れていることもありますので、「アセトアミノフェン」という成分の頭痛薬や鎮痛薬を選ぶのがよいでしょう。どれを選べばよいか分からないときは医師または薬剤師に相談すると安心です。

また、体内のアセトアルデヒドをなるべく早く外へ出すために、水分補給を十分におこなうことも重要です。水以外には、電解質バランスを整えるためにスポーツドリンクや経口補水液がおすすめです。

服薬以外では、頭や目の周りを冷やす、手の甲側の親指と人差し指の間のくぼみにある「合谷(ごうこく)」というツボを押すなどの方法も頭痛を抑えるのに効果的です。

吐き気・気持ち悪さの治し方

吐き気や気持ち悪さが強い場合は、胃薬を使用するとよいでしょう。ドラッグストアで買える市販薬の代表的なものには「キャベジンコーワ」「太田胃散」などがあります。脂っこいものや辛いものなど胃への負担が大きい食事は避け、水分補給をしながらなるべく胃を休めるようにしましょう。

身体のだるさの治し方

身体全体がだるい場合は、とにかく安静にすることが大切です。体内に溜まったアセトアルデヒドを薄めたり脱水を改善したりするには、水分の補給が不可欠です。適度な水分補給をおこないながらゆっくり横になり、楽になるのを待ちましょう。
胸やけなどでつらい場合は、無理に食事をとる必要はありません。

二日酔いにこんな対処方法はNG!

二日酔いの最中に熱いお風呂に入ることはNGです。脱水症状が進み、さらに二日酔いの症状が悪化する可能性があります。身体に水分を補うべき二日酔いの状態で、汗を多くかいてしまっては逆効果。サウナや運動なども症状が治まるまで避けましょう。

また、たまに耳にする「迎え酒」という言葉。飲み過ぎた翌日に二日酔いの症状を治すためにさらにお酒を飲む行為を指しますが、これもNG。
アルコールがもつ麻酔作用で一時的に身体が楽になったと感じるかもしれませんが、根本的にはまったく解決していません。それどころか、あとでさらにつらい症状に見舞われることもあるので、やめておきましょう。

二日酔いの予防で心がけたいこと

二日酔いにならないためには、言うまでもなくお酒を飲み過ぎないことが大切です。そのためにはお酒と水やお茶などのノンアルコールドリンクを交互に飲むなどして、アルコールの総量を抑えることが効果的です。

アルコールの吸収を遅らせる効果のある、油分を含んだ食べ物を先に摂るのもおすすめ。カルパッチョやアヒージョならお酒との相性もよいです。

加えて、空きっ腹にならないように飲み会の前に少し食べておく、ウコンドリンクを飲んでおくなどが方法として挙げられます。

二日酔いを予防するには、自分がどれくらいのお酒を飲むと二日酔いになるのかを理解することも大切です。

水分補給や休養、服薬などで二日酔いを早く治そう

頭痛や吐き気、だるさなど二日酔いの症状別に対処法をご紹介しました。
どの症状にも共通して言えることは、水分補給と安静にして回復を待つことが大切だということです。

二日酔いで水分不足の際は、ナトリウムやカリウムなどは電解質と呼ばれるミネラルが不足しています。これらのミネラルが含まれる天然水は二日酔い時の水分補給に有効です。普段からよくお酒を飲む方は、すぐに水分補給できるように天然水のウォーターサーバーを自宅に常備しておいてもよいでしょう。

二日酔いに根本的な治療法はありませんが、対処法を知り実践することで症状を楽にすることはできると言えます。せっかく楽しいお酒の時間。空きっ腹で飲まない、たまにノンアルコールドリンクを挟むなどの方法も試しながら、飲み過ぎに注意してお酒を楽しみましょう!

監修者プロフィール

イメージ画像

成田 亜希子(医師)
内科医、公衆衛生医師。2011年に医師免許取得後、臨床研修を経て一般内科医として勤務。公衆衛生や感染症を中心として、介護行政、母子保健、精神福祉などに詳しい。プライベートでは二児の母。
ご契約確認・解約お手続きはこちらへ カスタマーセンター
電話番号

0120-500-625

営業時間10時~18時(年末年始を除く)

メールアドレス

info-water@nttr.co.jp