ウォーターサーバー・天然水の宅配なら デイリーウォーター by goo【公式】

暮らしと水

一人暮らしでもウォーターサーバーは必要?
選び方のポイントは?

イメージ画像

一人暮らしの皆さんは、水分補給をどのように行っていますか? ペットボトルのミネラルウォーターやお茶、清涼飲料水を買っている方もいるでしょうが、水分補給をそれだけに頼っているとあまり経済的ではありません。安全性が気になりつつも、水道水をそのまま飲んでいる場合も多いかもしれません。市販の飲料水や水道水のほかに、ウォーターサーバーを導入して水分補給を行う方法があります。この記事では、「ウォーターサーバーは、一人暮らしにはオーバースペックじゃないの?不必要じゃないの?」といった疑問に答えていきます。

ウォーターサーバーを一人暮らしで使うメリット

一人暮らしでウォーターサーバーを使用するメリットは、実を言うと非常に多いです。

安全でおいしい水を飲むことができる

築年が古い物件の場合、劣化した水道管のサビや汚れが水に溶け出している可能性があります。それだけでなく、水道水は飲めるようにカルキなどで消毒を行っているため、微量ながら不純物も含まれています。
一方で、ウォーターサーバーの水は源泉を汲み上げて最低限の処理だけで提供している天然水や、「RO膜」と呼ばれるフィルターを通して汚れを濾し取ったRO水などが使用されていて、水道水以上に安心・安全な水を飲むことができます。

また、毎日水を飲んだり水筒に水を入れて持ち歩いたりすることによってペットボトルの飲み物を買う頻度も減りますので、経済的な観点からも優れていると言えるでしょう。

温かい/冷たい飲み物がすぐ飲める

暑いときに冷えた水がすぐ飲めるのはもちろんのこと、カップラーメンなどでお湯を使用する場合にも、お湯を瞬時に用意できるウォーターサーバーは便利です。また、コーヒーは80~90℃ほどで淹れるとおいしいと言われていますが、ウォーターサーバーであれば、水とお湯を混ぜて簡単に温度調整ができます。

調理や飲み物を用意する際の時間短縮になりますし、お湯を沸かすやかんなども用意しなくていいため、一人暮らしの面倒な家事の一つである洗い物が減るのも大きなメリット。さらに、きれいな水で調理をするため、より安全な食生活を送ることができるでしょう。

災害時の備蓄としても活用できる

地震や台風などの天災により、停電や断水してしまった場合に、皆さんは飲み物の備蓄をされているでしょうか? 特に一人暮らしの世帯では、じゅうぶんな備蓄をしている方は少ないのではないでしょうか。

ウォーターサーバーを導入しておけば、大きな災害などに遭ったりしても、水に関しては当面の間、心配する必要がないというメリットがあります。食事や飲料水として使えるほか、手や顔を洗うといった生活用水にも使用できるのは大きなポイント。

実際に災害が起こってからでは間に合わないので、しっかりと準備をしておきましょう。

一人暮らしのウォーターサーバーは何リットルがおすすめ?電気代はどのくらい?

一人暮らしでウォーターサーバーを導入するなら、何リットル程度のものを選ぶとよいのでしょうか。気になる電気代の目安についてもご紹介します。

ウォーターサーバーの容量の目安

生活のどの程度の水をウォーターサーバーに頼るかにもよるため、一概には言えませんが、飲料水としてお茶やコーヒーなどにも使用する場合の平均は、月当たりおよそ20リットルとされています。

また、よく聞かれるのが「契約当初は飲用しか考えていなかったが、便利なので調理でも使うようになった」といったことです。そうなると上記に飲用の量にプラスして5~10リットル程度を見ておくと良いでしょう。

月々の電気代の目安

使用するウォーターサーバーによって異なりますが、ひと月の電気代は500~1,500円程度のものが多いです。電気代が500円を切っているのであれば省エネで割安、1,500円以上であれば割高と言えます。

最近では、省エネモードが付いているウォーターサーバーも多いため、電気代が気になる方は節電などの機能もチェックしておきましょう。

一人暮らしのウォーターサーバーの選び方

一人暮らしの方がウォーターサーバーを選ぶ際、ボトルの容量以外にどのような観点が必要なのか見ていきましょう。

サーバーの大きさ

一人暮らしの部屋で使用する場合、スペースがあまりなくて置き場所が限られてしまうことが多いです。
大きいサーバーが置けるだけのスペースがあればスタンダードなサイズのものを設置すれば良いですが、スペースがじゅうぶんにない場合は卓上タイプのサーバーを検討するのも一つの手です。

水の種類で選ぶ

ウォーターサーバーで使用される水は、主に天然水とRO水の2種類があります。
天然水の場合は、ミネラルなどの天然由来の成分がたっぷり含有された自然のおいしい水を楽しめます。
RO水は価格が安い傾向がありますが、無味無臭のため好みが分かれ、あまり飲用には適していないという見方も。

おいしさを取るかコストを取るかでおすすめできる水は変わります。

購入ノルマなどのプラン詳細を確認

在宅ワークや在宅学習に切り替わり、自宅にいる時間が長くなっていたとしても、一人暮らしだと毎月決まった量の水を使用することが負担になる場合もあります。月によって使用量が変動する可能性も鑑みると、月の水の購入ノルマが少ない、もしくはないプランのほうが使いやすいと言えます。

特にボトルタイプのものであれば、1本から注文できるプランを選ぶとより使いやすいです。ただし、購入ノルマがない代わりにサーバーのレンタル料金などが別途発生したり、購入スキップ機能がなかったりする場合もあるため、契約前に料金形態をしっかり把握しておきましょう。

配送方法と支払い方法にも注意

主な配送方法は、専門の配送業者が配達をするか、佐川急便やクロネコヤマトなどの宅急便で送られてくるかの2パターンです。
どちらにしても、一人暮らしの場合は同居している人に受け取りを任せることができないため、受け取りの融通をある程度利かせられるかどうかを確認しておきましょう。

また、支払い方法はほとんどのメーカーがクレジットカード支払いのみとなっています。口座引落を利用したいのであれば、その点についてもあわせてチェックをしましょう。

ウォーターサーバーを一人暮らしで使うときの注意点

一人暮らしの方がウォーターサーバーを使う際、どのようなことに注意が必要なのか見ていきましょう。

リターナブルボトルの場合はボトルの保管場所が必要

使い捨てではなく、返却が必要なリターナブルボトルの場合は、使用したボトルを一定期間保管しておく必要があります。一人暮らしの住居の限られたスペースに置き場所を確保できるかどうかがポイントになります。じゅうぶんなスペースがあるかどうかを事前にシミュレーションしておきましょう。

じゅうぶんな設置スペースがあるか

ウォーターサーバーを実際に設置した方からは、「思ったより大きかった……」という感想が散見されます。一人暮らしでキッチンにサーバーを置こうと考えている方もいるかもしれませんが、リターナブルボトルと同様に、じゅうぶんなスペースがあるかどうかを確認しておかないと部屋が窮屈になってしまう可能性があります。

自宅にウォーターサーバーやボトルを置いたらどうなるのか具体的にイメージしたいときは、同サイズくらいのダンボールを用意して積み上げてみるのが有効です。狭いと感じたら無理せず卓上型の検討をするのが良いでしょう。

水は使い切ることができるか

一人暮らしの場合、届いた水を期間内に使い切れるかどうかは自分自身の使用量にかかっています。ウォーターサーバーを何カ月か利用してみて、水を余らせることが多い場合は都度量を調整し、期間内に水を使い切れるようにしていきましょう。

一人暮らしのライフスタイルに合ったウォーターサーバーを選びましょう!

一人暮らしでウォーターサーバーを選ぶポイントは「サーバーの大きさ」「水の種類」「料金形態」「配送方法」などがあります。ご自身にとって特に大事なポイントをおさえつつ、長く活用できそうなサーバーを見つけましょう。ウォーターサーバーは、複数人で暮らしているご家庭やオフィスなどで使用されているイメージが強いかもしれませんが、一人暮らしの方にとっても安心で安全な水を摂取するための有効な選択肢です。
本記事を読んで、ぜひとも健康で便利な生活を送るための第一歩を踏み出してみてくださいね。

執筆者プロフィール

イメージ画像

たろっさ(家電販売士 兼 家電ライター)
家電量販店、家電情報ブログ「家電損をしない買い方をプロの販売員が教えます」を運営するプロの現役家電販売員。学生時代から家電に対する並々ならぬ興味を持ち、アルバイトを経てそのまま家電量販店の道へと進んで15年弱。個人で年間2億円を売り上げ、数々の法人内コンテスト等で表彰された経験を持つ。家電アドバイザーの資格を有し、家電と名の付く物全てに精通し、家電で分からないことはない。現在は家電ライターの業務も通して「全ての人が平等に良い家電に巡り会える機会の提供」に尽力。
ブログURL:https://taromomo.com/
ご契約についてお問い合わせください カスタマーセンター
電話番号

0120-500-625

営業時間10時~18時(土曜・日曜・祝日・年末年始を除く)

メールアドレス

info-water@nttr.co.jp