デイリーウォーター by goo

暮らしと水

赤ちゃんが麦茶を飲めるのはいつから?
作り方と注意点を助産師が解説

イメージ画像

赤ちゃんが母乳やミルクを上手に飲めてきて、次に赤ちゃんにあげる水分補給や離乳食開始の準備として「麦茶」を考える人は多いでしょう。
ただ、「麦茶はいつからあげていいの?」「どのタイミングであげたらよいの?」など不安なこともありますよね。ここでは、赤ちゃんに初めて麦茶をあげる方に向けて、飲ませてもよい時期や注意点、作り方、保存方法までを紹介します。

赤ちゃんが麦茶を飲めるようになる時期

例えば、市販のベビー用麦茶のパッケージには生後1カ月から飲めると記載されていることがありますが、生後1カ月は母乳やミルクでもまだまだ嘔吐しやすい月齢なので、無理に麦茶を与える必要はありません。
離乳食がスタートするまでは、あえて麦茶を与える必要はなく、母乳やミルクのみでも水分は栄養一緒に補給できます。

そのため、麦茶を与えはじめる時期としては、生後4~5カ月ごろがよいでしょう。離乳準備としてスプーンや哺乳瓶で麦茶をあげるのがおすすめです。最初は口から出してしまいますが、味に慣れてくると少量ずつ飲み込めるようになります。

離乳食が始まった赤ちゃんにおすすめの飲み物

最近ではウォーターサーバーを常備している家庭も増えてきたので、サーバーから出る天然水や湯冷ましなど、まず「水」の味がないものをあげましょう。

その次に、赤ちゃん用に薄めた麦茶やほうじ茶、ルイボスティーなどノンカフェインの好みの飲み物を赤ちゃんの喉が渇くタイミングや離乳食を与えるタイミングであげましょう。

市販のベビー用麦茶は、大人用と比べて濃度が薄くて、ほんのり色がつく程度です。特徴として、カフェインレスで苦味がほとんどなく、赤ちゃんに飲みやすくできています。

赤ちゃんの水分補給はここに注意!

赤ちゃんの場合、母乳やミルクで水分量は足りているため、基本的には離乳食が始まる生後5~6か月までは特別な水分補給は必要ありません。母乳をあげているママが水分不足にならないように気をつけましょう。

離乳食が始まっても、母乳やミルクが水分補給となりますが、暑い中の外出で汗をかくなど、普段以上に水分が必要になる場合は、水(白湯)や麦茶を与えるとよいでしょう。赤ちゃんの水分補給は、カフェインや糖分を含まないものが基本です。

初めて麦茶を与えるときに気になるのが、食物アレルギーです。麦茶の原材料は、小麦ではなく大麦が原材料です。タンパク質含有量もとても少ないため、除去が必要なことはほとんどありません。ただし、一部の重症な人では症状が出ることもあると考えられます。念のため、はじめて飲ませる場合は、医療機関が開いている平日の昼間に少量から与えるとよいでしょう。

避けたほうがよい飲み物

赤ちゃんの水分補給で避けたほうがよいのは、糖分が高い果汁、炭酸水、カフェインが入っている緑茶、紅茶などです。果汁は離乳食としてあげる人もいますが、甘く美味しいので量をたくさん飲んでしまい、逆に食欲が落ちてしまうことがありますので、注意が必要です。

また、脱水症状を起こしやすい発熱時や下痢のときは、医師の指示の元に指定されたイオン飲料などの飲み物を与えることがあります。イオン飲料はお風呂上がりや汗をたくさんかいたときについつい与えがちですが、糖分が多く入っていて虫歯になりやすくなりますので、普段から与える飲み物としては避けたほうがよいです。

赤ちゃん用の麦茶の作り方

それでは、赤ちゃんに与える麦茶の作り方をご紹介します。

【煮出しパック】
ウォーターサーバーの水や市販の天然水がない場合は、赤ちゃん用の煮出しパックで麦茶を作るとよいでしょう。
作り方は以下のとおりです。

1.やかんや鍋に水道水を入れて、10~15分ほど沸騰させる
(10~15分ほど沸騰させることで水道水の中の残留塩素を減らすことが期待できます。)
2.沸騰したお湯に麦茶のティーパックを入れて、3分程度煮出す
3.ティーパックを取り出す
4.常温に冷ましてから、赤ちゃんにあげる

【水出しパック】
煮沸していない水道水を使い、水出しパックで麦茶を作るのは簡単ですが、水道水で作る場合は赤ちゃん用としては衛生面からもおすすめしません。
ただし、ウォーターサーバーの水や市販の天然水であれば水出しパックでもよいでしょう。

【粉末タイプ】
少量の麦茶を作る場合は、赤ちゃん用麦茶の粉末タイプの商品を湯冷ましで薄めて作るのが簡単で衛生的です。
湯冷ましは、よく沸騰させたお湯を冷ましたものや、ウォーターサーバーの水とお湯を混ぜたものが安心です。粉末と水の割合は商品によって多少異なりますので、事前に把握しておきましょう。

【粒タイプ】
粒になっている麦茶で作る場合は、細かい麦の粉末が出ないように濾(こ)すか、不織布のティーパックに入れてから煮出すとよいでしょう。

ほかにも、ペットボトルに入って市販されている赤ちゃん用の麦茶のものもあり、外出時や煮だす時間がないときなど便利に使えます。
また、ウォーターサーバーがあれば、温水と冷水ですぐに温度を調節できるので、赤ちゃんの麦茶を作る際も便利です。

赤ちゃんに麦茶を与える際の6つの注意点

赤ちゃんに麦茶を作るときやあげるときには、いくつか注意点があります。次の6つの注意点をしっかりおさえて、安全に麦茶をあげましょう。

温度

お湯で作った麦茶は赤ちゃんには熱すぎるので、そのままあげないでください。常温にまで冷ましてあげるのがベストです。

1度にあげる量

スプーン1さじから始めて徐々に30~50mlに増やすとよいでしょう。1歳近くになれば、喉が渇いていると自然に100ml以上飲めるようになります。

最初はスプーンや哺乳瓶でもよいですが、生後半年を過ぎるとマグカップやストローで上手に飲めるようになってきます。最終的には、食事やおやつのときにコップでゴクゴク飲めるようになります。

保存方法

麦茶の保存は、基本的に常温で保存するなら当日中に使い切りましょう。清潔なボトルに入れて、赤ちゃん専用として冷蔵庫で保存するなら翌日までと考えます。あまりたくさん作りすぎず、飲める量を飲めるだけ作ったほうが衛生的ですね。

麦茶を冷凍した場合

赤ちゃん用の麦茶をキューブ状に冷凍して、夏場は凍らせた麦茶をマグに入れて持ち歩く方もいます。解凍は常温でよいですが、ぬるくなったら衛生面を考えて破棄するようにしましょう。

麦茶とアレルギー

麦茶は大麦から作られているので、小麦アレルギーとは直接関係ないとされていますが、アレルギー反応を起こす可能性がないわけではありません。そのため、初めて麦茶を与える場合は念のため、飲ませる前に皮膚の内側にパッチテストをして確認してから飲ませるのも一つの方法です。
麦茶を飲ませる際にもスプーンで少量ずつ、赤ちゃんの表情や機嫌を見ながらあげましょう。

赤ちゃんが下痢をしているときは?

赤ちゃんが下痢をしているときは、下痢の回数にもよりますが、脱水になりやすいので早めに小児科を受診しましょう。
ぐったりしている、肌に弾力がないときはすぐに点滴をしなければなりません。病院で電解質入りの粉末のお薬が出たときは、しっかりお薬を飲ませて下痢を治すことに専念しましょう。

下痢をしていても回復期や機嫌が良いとき、便の回数が減ってきたときは、医師に確認のうえで、麦茶や白湯などで水分補給をします。

大人は暑いときに冷蔵庫で冷やしたものをよく飲みますが、赤ちゃんはお腹が冷えやすく、冷たいだけで下痢をすることがあります。真夏でも、常温あるいは少しぬるいぐらいの温度帯の飲み物をあげるようにしましょう。

赤ちゃんが飲んでも安心な麦茶を作りましょう!

最近では、さまざまな種類の麦茶のペットボトルが販売されていますね。ママやパパが飲んでいるのをつい一口とあげてしまいがちですが、大人用のものは味が濃く、苦く感じてしまうこともあります。大人用のものを飲ませる場合は、白湯か天然水などで2~4倍にして、ほんのり色が付くぐらいに薄めてからあげるようにしてください。衛生面にも留意しながら、赤ちゃんに安心してあげられる麦茶を作りましょう。

執筆者プロフィール

イメージ画像

浅井 貴子(助産師)
赤ちゃん訪問指導歴約25年以上のキャリアを持つ助産師。年間400件近い赤ちゃん訪問を行い、出産直後から3歳児の育児のアドバイスや母乳育児指導を実施。ベビーマッサージや妊婦さん向けのセミナーの講師を多数務める。
ご契約確認・解約お手続きはこちらへ カスタマーセンター
電話番号

0120-500-625

営業時間10時~18時(年末年始を除く)

メールアドレス

info-water@nttr.co.jp